理学療法士の資格について

福祉に関する資格の中に、理学療法士というものがあります。理学療法士とは、主に、障害をもった方に対し、運動療法等を通して、身体の機能回復、維持を促します。最近の合格率は、93%程度となっており、難易度は簡単なように見えます。ただし、受験資格が存在しており、「3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を習得したもの」が受験することが出来ます。試験内容は、一般問題と実地試験があります。一般問題は、解剖学、生理学等、計7種類。実地試験は、運動学、臨床心理学等、計4種類存在します。理学療法士の資格を取った人は、病院や介護保険関連施設、障害者施設等で働いている他に、スポーツチームに所属している人も存在しています。

育毛剤を通販サイトで買うならココ

超音波歯ブラシ 通販

お困りではありませんか?度数調整メガネ

SKMコンサルタントに関するサイト

ヒューマントラスト

最新投稿