サービス一覧

日本には児童や高齢者などに対する福祉関係の資格が数多くありますが、資格を得るための方法や難易度はそれぞれに異なります。一般的に民間の団体が開催しているものは、その団体が定めた研修や講習のカリキュラムを修了した時点で資格が得られるものも多くありますが、国家試験の場合は、受験をするための要件を満たさなければ受験することが出来ない場合も多く、要件を満たした上で国家試験に合格する必要があります。受験のための要件とは、専門学校や大学等の決められた養成機関に通って必要な単位を取得したり、一定期間以上の実務経験が必要だったりと様々です。国家試験の種類によっても難易度は異なりますが、職種によって求められる資格も異なります。