サービス一覧

現在、高齢化の社会で、病院や自宅で介護をしている人は増えています。医療費の値上げや老老介護など、これからますます金銭的にも肉体的にも負担が増えてくることが予測されます。そのような中、介護・福祉の仕事はこれから需要が高まり、その資格について取得していると活躍の場が広がるでしょう。福祉系のしかくについて難易度などを含め、調べてみました。難易度が高いのは、社会福祉士ですが、利用者さまを支援する中でどの資格が上位かというのはありません。その他の種類としては、手話技能検定、保健医療ソーシャルワーカー、福祉事務管理技能試験、ケアクラーク技能検定試験、ホームヘルパー、ケアマネージャー、住環境子ディネーター検定試験、手話通訳士などがあります。これからは資格を取得し、レベルアップをはかり、質の高い援助・介入ができる専門職を目指してみましょう。