サービス一覧

社会福祉士とは、資格試験が年間で24カ所の都道府県で行われる非常にメジャーな資格です。1問1点の150点満点のこの試験は、そのうち60%程度の点数を獲得と同時に、基準項目18項目全てに得点があることが合格の条件です。つまり、60%以上の点数を占めていても、18項目のうち1項目でも0点だった場合、合格することができません。合格率が平均で約30%と難易度が高いです。しかしながら、社会福祉士の資格を有していると、そうでない場合より格段に評価が違います。難しい試験を合格したからこそ、福祉士としての信頼が強くなり、より職務の幅が広がります。中には採用条件として、社会福祉士の資格が必須であるという職場もあります。目指すのであれば、努力して習得することをおすすめします。